スタッフブログ

失敗しないTVボードサイズの選び方

STB-0021

今お持ちのテレビに対して、どれくらいのテレビボードを選べば良いのか。

テレビボードを選ぶ際に、この2つのポイントさえ押さえておけば大丈夫。

テレビを置いたときに、三角形に見えるサイズを選ぶ

STB-0020

テレビを置いたときに三角形の構図に見えるよう、テレビより一回り大きいサイズを選ぶ。

なぜ、テレビより一回り大きいサイズを選ぶのか。

・安定感があってバランスよく見える。
・テレビ横にスピーカーや小物を置ける。
・テレビボードの横を歩いてもテレビにぶつからない。

テレビボードよりテレビボードが大きい、または同じサイズだと頭でっかちで不安定に見えてしまいブサイクです。

歩く時にぶつかって、テレビが転倒してしまう原因にもなるので、テレビより一回り大きい横幅を選ぶようにしましょう。

どれくらい大きいサイズかはお好みにもよりますが、目安として、テレビの横に片側10cmから30cmほど余白があるサイズがおすすめです。

例えば、43型の場合は平均サイズが100cmなので、テレビボードのサイズは120cm以上のサイズが良いです。

個人的には43型の場合は150cm以上をおすすめします。

ほとんどの方が、次にテレビを購入する際、今使われているテレビより大きいサイズを選びます。

なので、あらかじめ大きなサイズを選んでおいた方が良いかと思います。

 

次に覚えておきたいポイントはテレビボードの高さです。

テレビを見る目線が、少し低くなるサイズを選ぶ

テレビの中心を見た時に少し目線が低くなる高さが最適です。

首が10度から15度、下を向く姿勢です。

STB-0022

目線が上になると、自然と肩に力が入ってしまい疲れやすく、肩こりの原因にもなるので要注意です。

肩、首に力を入れず、自然な姿勢を保てる目線の高さを選ぶことが、長時間テレビを観ても、疲れない秘訣です。

ちなみに通常のソファの座面高は約38cmから40cm。

そこから伸長170cmほどの人の座高を足すと目線の高さは、だいたい床から85cmになります。

女性だと、もう少し低い80cmくらい。

子供ならもっと低い、50cmから70cmほどです。

また、テレビを観る環境により、高さの目安があるので覚えておくと便利です。

床に直に座ってテレビを観る方は高さ40cmまでのテレビボードを。

ソファに座ってテレビを観る方は40cmから60cmのテレビボードを。

ダイニングからテレビを観る方は60cm以上のテレビボードを。

この3パターンを覚えておくと、間違ったサイズを選ぶ心配もないかと思います。

  • 失敗しないTVボードサイズの選び方 はコメントを受け付けていません
コメントは利用できません。

▼お電話・メールでのお問合わせはこちらから
【電話でのお問合せ】

086-473-6888
※ネットショップのお問合せは
10:00~17:00まで

【メールでのお問合せ】
ii-kagu@triton.ocn.ne.jp
営業時間[9:30~19:00]水曜日休業

sidebn-okano1

Instagram 家具のオカノの公式インスタグラムはこちら!!

cashless-01

Item category

ページ上部へ戻る